FC2ブログ

IN MY TIME

究極のガーデナー、ターシャ・テューダーの暮しに憧れ、いつか彼女のように暮したい。その夢を少しずつ形に…。都内の狭い庭で趣味の養蜂、キャンドル、ポーセレンレースドールと愛犬ブリュツセルグリフォンとの日常。

Entries

置き去り猫ちゃん

五月末に茨城の草刈に出かけたら、
庭に猫が居た。
目を疑った・・3回見た。白い猫だ~っ!!

だれだ~っ、置いてったの~!迎えにきて~!!

目と鼻から膿が出て、鳴いているけど声が出ず。
どう見てもヤバい病気をもっていそう・・犬達に伝染しないか心配。
でも見捨てられないですよね。
neko3.jpeg

翌日、朝一で診察してもらいました。
目は瞬膜というものが出ており、この膜が上下くっついてしまうと目が見えなくなるので、間を置いて4回手術になると。
そうならぬよう、目薬と軟膏をこまめに塗ることになった(現在も塗り塗り中)
毎日抗生剤や抗菌剤の注射に通い、先週から次の診察まで間を置くことができるようになりました
目の手術は避けられました!祈りが届いたみたい!!よかった。
治療してくださる先生、看護師さんありがとうございます

先週の通院の猫ちゃん。
車の中でゲボとウンチが出た(クレートに入れていた)。エリカラの中にゲボが溜まってるぅ~ぎゃあああああっ!
看護師さんが猫ちゃんを洗ってくれました。
猫が吐くことはよくあるらしけど、私はびっくりしていつも大騒ぎして看護師さん助けて~!!となる(反省)
neko2.jpg
↑洗われた後。ちょっと脱力してる?
目が良くなりました。可愛いお顔してるじゃん
次回、二回目のワクチン注射と血液検査をします。どうか健康体でありますように

*女の子でシャム猫の雑種、シャムトラとかシャムキジって言うみたいです。
体重が1.3キロになりました。

看病って大変ですね、保護した数日は弱っていたので死んじゃうんじゃないかと心配ばかり。
しかし、野良の子猫の保護はたくさんありますよね、皆さん同じような経験をされているのかな。
外猫飼いしているなら必ずワクチン接種、去勢避妊をして!!
「野良猫なんて昔から居るもんだ」なんて時代はもうおしまいにしてほしい。
飼っている猫を大事にして~!!!

猫の寿命って20年らしいですよ。
20年後、私はおばあちゃんになってる。ひえ~っ
スポンサーサイト



ヴィンサント12歳になりました

2020年も半分が過ぎました。
新コロナが無ければ今頃は東京オリンピックで盛り上がったことでしょう・・・残念。
有効な治療薬や対策が無いのはとても不安です。

6月19日にヴィンサントは12歳になりました!
これまで健康で過ごせて賢いヴィンに会わせて下さった神様とブリーダーさんに心より感謝致しております
4月に健康診断を受けたところ、心臓僧幅弁閉鎖不全症を起こしていることがわかりました。
成功率等の理由で手術は勧めないとのこと、お薬を一生飲むことになりました。
薬を飲む事で寿命(あと五年位)までは生きられるでしょうとのこと。
万一の時の処置法などをお聞きしていると、ヴィンとの時間に限りがあるんだと実感し涙がこぼれてきました。
目の検診も受けました。結果は白内障があり見えていない状態、手術するレベルとのこと。
目が見えなくなったからでしょうか、気難しくなって、目薬を点そうとすると噛みつき嫌がるので手術ができません。
抱っこをすると唸ったり・・目が見えない恐怖があるのでしょうか。
目も心臓も悪化することなく穏やかに毎日を過ごせますように

最近、焼きもちからヴィンとディタが噛みつき合う酷い喧嘩が多発。
私の膝の上を取り合いで、ヴィンは見えないからディタをじっと見てしまう・・ディタが背中の毛を逆立てて威嚇。
「何、ガンつけてんだよ!」って感じ。
歯が無いヴィンはディタにダメージを与えられず・・ヴィンは噛まれてばかり。
写真は鼻の下を噛まれた傷。シャンプー&カットをしたところ現れ、色素が抜けたのかと思ったのですが、牙の後が二つあるので噛まれた痕だと。
ヴィン
喧嘩を止めようとして私も何度もディタに噛まれて血が出た、とても痛い!
ヴィンも痛いよね。。やきもち焼きのディタを刺激しないよう暮らしています。
夜、寝る前にヴィンをナデナデしながら一日のお話をしすることが大切な時間に。
ちゃんと聞いてくれるんですよ、首をかしげたり、前足をぎゅーっと膝の上に伸ばしてくれたり
ずっとずっと一緒に居られますように

そして・・・突然、家族が増えました。
誰かが捨てて行きました・・740gの生後1ヶ月位の猫。
現在治療中・・・詳しい事はまた後日報告致します。
ねこ

術後は順調です

白内障の手術から40日が過ぎました。
抜糸も無事に終えて、エリザベスカラーの装着は就寝時や留守番の時(飼い主の監視が出来ない時)だけになり、多くの時間はエリカラ付けずに過ごせるようになりました。
通院も月に1度の診察、病院の計画書通りに進んでいます。

カルの手術と同じ頃、父も目の手術をしたので痛みはどうか聞いてみたら、術後は「石けん水が目に入ったような痛みが続いた」と。カルもそうだったのかも知れません。
家族と離れてこれから何をされるんだろう?と不安だったでしょうね、手術と入院によくぞ耐えてくれて・・・偉いな、感謝しかありません。
一ヶ月経過
カル・・「僕やっとエリカラ外してもらえたよ!」的な顔

早く新型コロナ感染が終息しますように
予約して通院している大学病院の整形外科に行ったら、患者が誰も居なかった
外出を控えるよう通達の影響か?!
先月末に大学病院の内科に行った時は・・担当医が違うけど、もう3時間待たされていると怒っている人もいたので混雑を覚悟したけど、会計も空いていて肩すかし(良い意味で)
整形外科の主治医に先月咳が出たのでお薬だしてもらったと言ったら、「コロちゃん?」と聞くのよぉ
え?コロちゃんて誰?と聞いたら、コロナウイルスのことだって・・
閉口・・薄ら笑い・・心の中で「オヤジ」

皆様もお大事になさってくださいね

抜糸

無事に抜糸となりました
ガーゼの上に取り出した糸を見せられ、ナイロン系のほそ~いゴミが乗っているように見えて、糸はどれ?どこ?と聞いてしまうほど細い!髪の毛なんてくらべものにならないくらいに細い・・
3ミリほど切開してレンズを入れる繊細な手術なんですよ。と院長先生が微笑みながら一言。
こんなに大変な手術だったなんて!!凄い、凄すぎますっ。
先生方には感謝しきれません

カルも頑張ってくれています。
手術入院、うっとうしいエリザベスカラー&ドーナツカラーに耐えてくれて偉いです。
私といえば糸が切れたら大変だと、ただ心配する毎日・・心配が仕事だった。ダメですね。


まだ散歩は用便程度でしか出来ないのですが、カートに乗せて、いつも散歩しているコースの風景をまじまじと見ている姿が、見える事をかみしめているような感じに見えて、手術してよかったなぁ・・と胸が熱くなりました。

私のズボンに白い糸ゴミが付いていたのですが、カルが見つけて口に入れました・・
食べかすだと思ったんでしょうね。(取り上げましたが)
見えていた頃はダメでしょう!で済んだことも、今はそんなことが幸せに感じます。
まだ安静にする時期なのですが、目が見えるって嬉しいのかな、悪戯することもあって、呼び方もカルちゃん→かっちゃん→かつ!と変化しました

エリザベスカラーを外せる日が待ち遠しいです!!


手術終わりました

心配が尽きない中、白内障の手術を無事に終えました。
白内障手術は目に問題がなければ片眼20分程度だそうです。
カルの場合は両目の白内障手術と網膜凝固術(術後に網膜剥離を起こしそうな目なので網膜の縁にレーザー照射)をしたそうです。目の状態が悪く手術が難儀したそうです。

先生達とカルが頑張ってくれて無事に手術を終え、目が見えるようになりました。
良いと思った右目は残念ながらクリアには見えず、文具の半透明のクリアーファイル越しに物が見える曇った感じだそうです。それでも物の見分けは出来ますし、光しか見えなかった暮らしを思えば格段に良くなりました

(手術を終えて2日目のカル:目を擦ったそうで瞼が腫れてる)
手術2
入院は4日間、面会禁止。
入院中の夜間は無人だそうです。先生が遅くまで診てくださるそうですが・・・
手術した日は痛いだろうに・・誰も居なくて不安でたまらないんじゃないか?と心配でたまらず眠れなかったです。
でも、同じ条件で何頭も目が治ったのだから、うちの子も乗り越える!と先生とカルを信じる事にしました。

手術から2日目に先生から「カルちゃん目が見えるようになって元気になっちゃって檻の中をグルグル回って点滴を抜いてしまうし、要求吠えもするようになったのでお迎えに来てもらえますか?」と連絡が・・元気という言葉が嬉しくてちょっと不謹慎にも笑ってしまいました。
現在カルは、半日入院(朝預けて夕方お迎え)をしています。
3匹一緒にすることは避けるつもりでしたが、隔離するとお互いを気にして落ち着かない様子なので監視できる時だけ3匹一緒に過ごしています。長年一緒に暮らしているのだもの互いを思う気持ちが犬にもありますよね。
手術1
抜糸もまだ先、目を擦ったり眼圧を上げるような行動をさせてはならずとても気を使います。
あ、!通院のタクシー手配が大変!エリザベスカラーを付けているのでクレートに入るのは可哀相で。
そこで入れ物に入らずに済むペットタクシーを利用しました過剰な気を使わずに済むのがいいです。
でもなかなか予約が取れな~い
ペットのサービスってあるんですね、初めて知りました。
色んなことに感謝する・・そんな毎日です。
元気が一番ですね

ご案内

最新記事