IN MY TIME

究極のガーデナー、ターシャ・テューダーの暮しに憧れ、いつか彼女のように暮したい。その夢を少しずつ形に…。都内の狭い庭で趣味の養蜂、キャンドル、ポーセレンレースドールと愛犬ブリュツセルグリフォンとの日常。

Entries

尊ぶ

終戦の日
私の小、中学生の頃は、夏になると全校生徒が体育館に集められ、
戦争の映画(戦時中の国民生活を表した)を見せられました。
中学生になると、夏休みの宿題の感想文は戦争についてどう思うかでした。
そういう教育があってか、この日はひそかに手を合せずにはいられません。

私は特攻隊にいたという2人の方に今までに出会いました。
あと数ヶ月戦争が続いていたら、自分はこの世に居なかったと。

友人の披露宴で新郎のお父様のご挨拶のお話。
お父様にはお兄様がいたのですが、出兵の日の家族への言葉は
「自分の分もみんな幸せになってくれ」だったそうです。
その言葉を思いお父様は家族を大切にして来たと。
お兄様も天国で喜んでくれているだろう。とおっしゃった時には目頭が熱くなりました。

私は持病で骨が弱く、何度か整形外科に入院していますが、
整形なだけに、ご老人が多く、夏場の入院で同室だった80代のおばあさまは、
満州に居て大変な思いをされたそうで、戦争の事は思い出したくもないし、
話たくもない。とおっしゃっていました。

戦争の悲劇を風化させない為に語り継がなければいけない。とテレビで言われますが、
戦争を経験していない者の綺麗ごとだと、気付かされました。
国民にとって有益な戦争なんてあるわけがない。命より大切なものはない。
だれがなぜ戦争をしたがっているのか?一部の欲深い指導者ではないだろうか?

哲学の本に「人間は本来、欲深くはない。食と住が足りれば満足できる」とありました。
そのことは皆、わかっているんですよね。でも世の中が金品があれば豊かだとか、
幸せだ、とか勘違いさせられるのですよね。
生まれた時は何も持たず、しかも裸ですよ。死ぬ時も何も持たずです。
欲張ることはない、本当に大切なものを見失わず守ることかな。
と、言いつつ強欲ばばあ。なんですがね。少しずつ醜い欲を無くして
日々の暮らしに感謝して謙虚に生きてゆかないと。


スポンサーサイト

Comment

Re: ありがとうございます。 

香奈子様
こんにちは。
戦争の悲惨さを語り継ぐ。
同室のおばあさんに出会わなければ、体験した方の心痛を知る事はなかったと思います。
心痛を知らず、うわべだけの戦争批判を口にしていたと思います。

> 子供時代から戦争について学校で伝えていくことにおいても
> 私たちの子供時代と違って来ている様に思います。

子供がいる友人が言ってましたが、今の小、中学生にとっての戦争は、
私達がフランス革命が遠い歴史の一部と思うのと同じように、遠い昔の
出来事なんだそうです。

これからの子供達も平和に暮らせる世の中であるように、我々大人ができる事を
きちんとして、次世代につけを残さないようにしないといけないのですよね。


  • posted by ベスパM 
  • URL 
  • 2010.08/16 14:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

ありがとうございます。 

こんにちは。お邪魔します。
とても素晴らしい記事をありがとうございました。
“語り継ぐ”…そうですよね、大切ではあっても当時の経験者には
心に土足で入られる様な気持ちなのでしょうね。
子供時代から戦争について学校で伝えていくことにおいても
私たちの子供時代と違って来ている様に思います。
少なくとも毎年、原爆の日や終戦日にはそれぞれが戦争について
思いを持ち、亡くなった方々に手を合わせる気持ちを自然と持てる国民性を
持ちたいなあ…なんて考え深く思いました。。。
  • posted by 香奈子 
  • URL 
  • 2010.08/16 13:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: こんばんわ 

Imola様
いつもお言葉ありがとうございます。
私は、よい人や動物との出会いに恵まれたようです。
いろいろ教えられ、少しですが成長できているのではないかなと・・。
  • posted by ベスパM 
  • URL 
  • 2010.08/16 10:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

こんばんわ 

ステキなお話をありがとうございましたm(__)m
  • posted by Imola 
  • URL 
  • 2010.08/15 22:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

最新記事