IN MY TIME

究極のガーデナー、ターシャ・テューダーの暮しに憧れ、いつか彼女のように暮したい。その夢を少しずつ形に…。都内の狭い庭で趣味の養蜂、キャンドル、ポーセレンレースドールと愛犬ブリュツセルグリフォンとの日常。

Entries

マニュアル人間

今年の冬は、いまのところ例年より気温が高いそうですね。
通常この時期は産卵が落ちるのですが、まだ産卵を続けています。
オオスズメバチの襲撃にあった群も、異常気象のお陰で?
産卵が進み働き蜂の数が増えてくれました。
この時期に蜂が増えているのは良いことなのですが、
教科書と違うことが起ると不安になるものです。
以前から養蜂の先生に「生き物は教科書どおりじゃありません。
蜂が何を欲しがっているのかよく観察すること」と言われたけど、
教科書(マニュアル)が全てになっている自分から抜け出すのは
容易ではありません。

昨年先生に、はじめて養蜂をやるには参考になる資料や情報が少ないと
不満や愚痴を漏らしたことがありました。
それに対して先生は、あなた方の悪いところは何でもマニュアルに頼ること。
何故、失敗してはいけなのですか?何故、自分で考えようとしないのですか?
何故、試してみようと思わないのですか?と言われました。

え?失敗は無駄じゃないですか?
私は学校でも家庭でも失敗が良いことだと教えられたことがありません。
むしろ失敗しないためにはどうしたらよいか?失敗しないように教育されて
きたように思います。
勿論、偉人達の言葉に失敗が成功に繋がった等等、知っていますが、
自分のやることは既に多くの人がやっていることだし、未知の研究者でないのだから・・
オープンにして皆が上手にできるようにしたらいいじゃない?とさえ思っていました。
今はTVゲームにも攻略本があり、好きな事をするにも合理的に楽しむ時代、
マニュアル人間化されていることに気付かされたのです。
自ら探求する楽しさとかを摘み取られてしまったのですね、私だけじゃなく
私より若い世代にも言えることですね。
研究者達が将来の日本を心配する気持ちは、こういうことなのでしょうか・・

ここ一ヶ月位、迷いながら世話をしてきましたが、
よし、蜂達に任せよう!私がすべきことは、ミツバチの邪魔をしないことだと
腹を決めました。多分、山のミツバチ達は越冬に耐えられるでしょう。
寒さが厳しくなってきたら餌を求めて野鳥が巣門に近づくので、捕食されない
ように守ってあげよう。私にできることはそれくらいかな。

ミツバチを通して、いろいろな事を学ばせてもらっています。


(山のミツバチ)



スポンサーサイト

Comment

Re: うん!なるほど! 

香奈子様
まいど~なつv-290
私は謙虚なんかじゃありませんよ。
年齢と共に人に説教されるのが嫌になったり、人を疑ったり、頑固になってきています。
この年齢になると、意見してくれる人が居なくなるので聞く耳は持っていたいですね。

困ってしまう方がいらっしゃるのですねv-404
誰の言葉も受け入れない、誰も意見をしなくなる。なんだかそういう人って本当なら
一番いろんな人の意見を聞いてあげないといけない立場の人に多そうですね。
変なプライドがそうさせてしまっているのでしょうか・・
状況によって解決の方法も違うでしょうけれど、エネルギーが要りますよね。
  • posted by ベスパM 
  • URL 
  • 2010.12/06 21:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

うん!なるほど! 

こんばんは(^^)d
ベスパさん!いい先生に出会いましたね!
私が今直面していることにもドンピシャです!
先生の言葉はどの世界にもあてはまりますね。
その言葉を私を今悩ませてくれてる相手に言って欲しいです!

ベスパさんは養蜂を通して謙虚に教えに対して考え行動に移そうと
努力していて素晴らしい(^o^)/

私の悩みの相手は決してマニュアル通りにしてはいけない世界なのに
人を威圧するばかり…結果誰も助言しなくなる。益々暴君…
しかしこの煽りを受けるものが沢山いる…
すごく今日の記事から見えなかった光の先が見えた気がします。
「毎度おおきに(^^)」
  • posted by 香奈子 
  • URL 
  • 2010.12/06 18:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

最新記事