IN MY TIME

究極のガーデナー、ターシャ・テューダーの暮しに憧れ、いつか彼女のように暮したい。その夢を少しずつ形に…。都内の狭い庭で趣味の養蜂、キャンドル、ポーセレンレースドールと愛犬ブリュツセルグリフォンとの日常。

Entries

プチぼらんてぃあ

先日、視覚障害者の方用の朗読のボランティアをしたい!と
福祉事務所に相談に行きました。
残念な事に今年のボランティアは締め切られており、
今年秋に来年用の募集予定があるとのこと。
私がやりたい内容は、本を朗読しテープに録音するということです。
しかし、図書館で視覚障害者の方のご希望の新聞をその場で読んだり
する事が多いとか・・ボランティア開始前に、講習もあるのですが、
朗読検定試験なども行っているところもあり、簡単ではないみたい。

色々お話を伺って、「今年は無理ということですね」と帰ろうとしたら、
担当者;「ほかにもボランティアはありますよ。お探ししますがどんなのをご希望?」
私;「あっ、年寄りと子供は苦手なので、年寄り、子供以外で・・」
答えた後に、なんじゃそりゃ?ボランティアになんないわよねえ。と我に返る。
私は人付き合いが苦手なので、自分に無理がなく、自身で楽しんで、
誰かの役に立つことが理想なのです。
結局どうなったか?といいますと、身体がご不自由な方へ案内や資料送付の
発送準備のボランティアをすることになりました。
これなら、事務仕事でもやったことがあるし♪なんて軽く引き受けたけど、
うう~ん、会社の続きのようで嫌になるのも時間の問題だったりして?と
まだやらないうちから、心配になったり・・・

私を知る人が、私がボランティアをすると言ったら、きっと、
「嘘つくな!」とか「熱でも出た?」と言うに違いない。
否定はしません、私は元来そういう人種ではないので。
何もせず、家に居ると見ていないテレビは点けっ放し、無節操に食べる、
身支度を気にしないなど、無精者になってきたので、自分の為にも
ボランティアをするのです。

夫に福祉事務所での話しをして、新聞の朗読?漢字読めるのぉ?だって!
ヤバイのです、漢字どころか文章だって大丈夫かどうか・・

例;おじいさんはゆでたまごがすきです 
読み1.おじいさんは、ゆでた孫がすきです♪
読み2.おじいさんは、ゆで卵がすきです♪
1.2じゃ意味が違うもんねぇ。

いつか朗読できるよう、なまたまごを飲んで美声にならなきゃ♪


スポンサーサイト

Comment

Re: タイトルなし 

Imola様
コメントありがとうございます♪
美しい雪景色の後コメント欄が無くなったので、もしかしたら
体調崩されたのかなあ、と気になっておりましたので、コメントを
いただけて嬉しいです♪お元気ですか?

Imolaさん朗読なさってましたか♪
お声がドラえもんに出てくる、すみかちゃんみたいに可愛いお声ですから
みなさんに喜ばれたでしょうね♪

昔、お世話になった方が本を点字におこすボランティアをしていまして、
本の朗読というものを知りました。
やっとこの歳になり、少し気持ちにゆとりを持てるようになり
やってみたいと思った次第です。
お若い頃から活動をされてるImolaさんは立派です!
  • posted by ベスパM 
  • URL 
  • 2011.02/23 15:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

私も学生の頃 朗読のボランティアをしていました
当時ライトハウスに通って一生懸命に点字を覚えたり
視覚障がい者(害と言う漢字が嫌いなのでひらがなにしています)の方々とのコミュニケーションをはかり
海外旅行などにも同行させて頂きました
今も自分に無理する事なく 私のできる範囲で参加させて頂いています(^^)
コミュニケーションをとる度に 新たな発見と自分の微力さを再確認しますが
今後も私なりに参加させて頂く予定です
ベスパMさんも自分にしかできない個性をいかしてくださいね♪
  • posted by Imola 
  • URL 
  • 2011.02/23 00:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: うんうん。 

香奈子様
いつもコメントありがとうございますv-266
ちょっと留守にしてお返事が遅くなり、申し訳ございませんv-421
「ありがとう」と言われるような、ボランティア精神を持っていないのですよぉv-405
動機は不純ですよ~v-290

香奈子さんが仰るとおり、ボランティアはお互いの気持ちがいいことが大事ですよねv-344
「やってあげている」とい気持ちは絶対ダメですよね。
同じ人間、対等なんですよねv-290
  • posted by ベスパM 
  • URL 
  • 2011.02/22 19:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

うんうん。 

とってもとっても奥深くで共感できたよ(^-^ゞ

“ボランティア”…誰もが何か同じ捉え方をしないといけない様に
考えてるよね。でも究極“自分のために”という所を自分に確認していないと
それは本来の“ボランティア”ではないと私は今だから、そう思えます。

“誰かのために”…初めは皆そうだと思う。
しかし受けとる側は日常の中で起きるヒトコマ!
“自分のために”とさせてもらうことで気持ちに余裕が生まれ
受け取る側にも柔らかなものが伝わる。
だからボランティアは互いを気持ち良くさせるものだと思います。

“何かしたい”というベスパさんの気持ちがボランティアというフィールドと
マッチングゥ~しますように(^o^)/

ありがとう☆…自然とこの言葉を贈りたくなりました。
  • posted by 香奈子 
  • URL 
  • 2011.02/21 09:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

最新記事