IN MY TIME

究極のガーデナー、ターシャ・テューダーの暮しに憧れ、いつか彼女のように暮したい。その夢を少しずつ形に…。都内の狭い庭で趣味の養蜂、キャンドル、ポーセレンレースドールと愛犬ブリュツセルグリフォンとの日常。

Entries

ヴィンサントの秘密

ヴンサントはいつの間にか一人で階段の上り下りができるようになっていました。
階段はキケンだから、毎日ヴィンを抱っこして2階まで行き来していたのに。
「あんた、本当は一人で2階に行き来出来たんだねえ。」
「おかあちゃんは痛む膝で、日々重くなるあんたを抱っこしていたんよお~。」
(ご覧の通り↓)一人でこっそり二階で、お楽しみだったのね。
悪戯 001悪戯2
もう一つ、ヴィンには秘密の楽しみがあるのです。
真夜中に2階の寝室を抜け出し、1階のトイレでウ○チをして、少し食べる。
(下品なお話でゴメンナサイ)
そして戻るなり「おい、布団に入れろ」と言わんばかりに、長い前足で
私のおでこを小突くのです。
「ミッドナイト・ラン」ならぬ「ミッドナイト・ヴィン」なのです。
しかし、ウ○チを食べるのは困りました。悪い事だと判っているようですが、
本人には美味しいのでしょうか。餌の量を増やしてみたりしたけど効果ないです。
来月、獣医さんに相談してみるつもりです。

母:「ヴィンさん、いたずらだいすき?」
ヴィンサント:「いたズラ、大好きズラ」 どこの方言?!
悪戯 002

←クリックお願いします♪

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

最新記事