FC2ブログ

IN MY TIME

究極のガーデナー、ターシャ・テューダーの暮しに憧れ、いつか彼女のように暮したい。その夢を少しずつ形に…。都内の狭い庭で趣味の養蜂、キャンドル、ポーセレンレースドールと愛犬ブリュツセルグリフォンとの日常。

Entries

いろいろありました・カルの失明

4月の中頃、カルは失明しました(涙)
両目が白内障で左はブドウ膜炎を起こしておりステロイド目薬で治療しました。
治療の効果があって、ブドウ膜炎は治り、両目白内障の手術が可能になりました。
が、術後はヴィン&ディタとじゃれて患部を傷めないよう一ヶ月は隔離しないといけないのです。
カルは一人ぼっちが大嫌い。エリカラも1ヶ月どんな時も着けっぱなし、彼には苦痛でしかないと思うのです。
でも、手術を終え元気なワンちゃん達を見ると「見えない残りの人生より、見えた方がいい」と思え・・
(手術をした11歳の)プードルちゃんを見た時は綺麗な瞳で若犬だろうと思っていたので、年齢を聞いてビックリしました!

失明してもあまり不自由なく、上手に暮らしている先輩ワンちゃんを知っていたし、獣医さんでも犬は目が見えなくても耳や鼻が利くから大丈夫とおっしゃる先生もいて・・初めは手術することは考えてなかったのですが。
でも日本一の眼科先生と言われる方に診ていただいて、手術(成功)した患獣さん達に待合室でお話伺うと、手術をして見えるようになって、以前のように茨城や高原など自由に遊ばせたい気持ちになります。
悩みます、う~ん悩みます。
術後1ヶ月の我慢と残りの人生(犬)見えないまま過ごすのどちらが犬には幸せなのかな・・

4年前のカル(黒)&ヴィン
ヴィンカル


~~~お願い~~~
行方不明のサンサンちゃんのホームページがございます。
ノーリードの黒パグのようなワンちゃんを見かけたらお知らせ願います
人を怖がっているので無理に追わず、できましたら写真など御撮り頂けると助かります。
ホームページはコチラ→「迷子犬サンサン、探しています!
ご協力お願い致します

スポンサーサイト
  • at 18:46 
  • [
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

ご案内

最新記事