IN MY TIME

究極のガーデナー、ターシャ・テューダーの暮しに憧れ、いつか彼女のように暮したい。その夢を少しずつ形に…。都内の狭い庭で趣味の養蜂、キャンドル、ポーセレンレースドールと愛犬ブリュツセルグリフォンとの日常。

Entries

ポーセレンレースドール

レースドール
趣味の一つ、「ポーセレンレースドール」西洋陶芸です。
焼成すると磁器になる液状の土(スリップ)で顔や手、体の型から型抜きをしてボディを作ります。
服は木綿レースを使います。レースにスリップを染込ませ、服のデザインにあわせてギャザーを
よせたりしてボディに貼り付けて行き、1300度の陶芸用の窯で焼成をします。つや出す釉薬を
かけたり、目や口などの絵付けをして最低3回は焼成を経て完成します。

本の女性は日本にレースドールを広めたアメリカ人のエレンさん。
10年ほど前にロサンゼルスで行われたホビーショウーにレースドールを出展した際、
夜にパーティがありそこで、はじめてお会いしました。セレブな方で上品でゆっくりと
したお話方で日本の皇族の方みたいでした。素敵な女性でした。
(本の間にある人形は先生の作品を真似た私の初期の作品です)
ここ数年は忙しいを理由に作業が中断したままのレースドール。週に一度お掃除を
手伝ってくださるTさんは「いつになったらできるのやら?」と思ってらっしゃるようで...。
悲しい事に何色の土を使ったかも忘れている、下着姿の人形なのです。
なんとかせねば!!

レースドール 004
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

最新記事